「レスポンシブ(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)」とは?

ちょっと前までは、PC用、ガラケー用と、デバイスに合わせてウェブサイトを作り、ユーザーエージェントでチェックして自動で飛ばす、といったロジックが多かったと思うのだが、スマートフォンや各種タブレットの普及によって、デバイス毎に専用ページを用意しておくのは大変な作業量になり、管理的にも難しい。

なので、全てのデバイスで同一のHTMLを使いCSSで表示を変更・制限する、といった手法が主流なのかと思う。
コレって、カタカナ英語で何て言ったけなぁ。。。と調べてみた。

正解は

「レスポンシブ(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)」

本来の意味、英語では「responsive」 と記述し、反応が良い、敏感、といった意味になるとの事。車やバイクのエンジンの話しで「レスポンスが良い」などと言うが、この「レスポンス(response)」からきている文言なのかと予想。

つまり「反応が良いデザイン」「臨機応変に対応するデザイン」といったニュアンスになるだろうか。
今更ながらメモ代わりに。

[link] : レスポンシブデザインとは 【 responsive design 】 〔 レスポンシブWebデザイン 〕 – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典
[link] : 必読!5分でわかる流行のレスポンシブWebデザインまとめ | 株式会社LIG
[link] : ASCII.jp:レスポンシブWebデザインとは (1/5)|ゼロから始めるレスポンシブWebデザイン入門