カテゴリー
ヘルスケア関連 体関連

しゃっくり(ひゃっくり)を絶対に止める方法。

一年に一度くらい、ひょんなことから始まるんですよね。

ひゃっくり。
しゃっくり。

私は「ひゃっくり」と言いますが、場所によっては「しゃっくり」とも言われるようですね。
まあ、余談ですが。

このひゃっくりですが、皆さんその止め方はご存知でしょうか。

水を一気に飲む?
ビックリさせる、する?

まあそれでも止まる事はあるんですが。
私は子供の頃から絶対に止まる方法をマスターしているのです。
なんの道具も使わず、どこでも出来る最良の方法。
それは。。

息を止める

です。
ご存知でしたか?

「そんなの知ってるよ!」と言われそうですが、それで止まってますか??
息止めてもまた出ちゃいません??

それ、じつはやり方があるんですよ。

ポイントは。。

ゆっくり吸って、ゆっくり吐く

んです。

息が苦しいから「プ八っ!」とやりがちなんですが、それでまた横隔膜が痙攣しちゃうんですな。
寝そうになった子供を起こしてしまうんですな。

苦しいですが、ゆっくり吸って、我慢の限界が来たらそこからさらに、

ゆっくり吐く

んです。
騙されたと思って是非一度お試しあれ。

ちなみに横隔膜の痙攣に起因していない場合もあるようなので、これはあくまでも一時的なモノについての技です。

以前テレビで何年もひゃっくりが止まらない、調べたら脳腫瘍に起因していた、といった事例を見ましたよ。
何年も、または頻発する方は病院行ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です