シルバーの種類について。SV925 SV950 SV1000 等々。

シルバーアクセサリーってイイよね。
男って感じでさ。

で、よく記述で目にするのが「925」って数字。
これが何やら純銀の証らしいんだけど、逆に廉価版?リーズナブルな素材もあるって事だよね?
諸々気になったので早速調べてみることに。

以下シルバー地金一覧。
—–
SV1000 : 純度 100%
別名 : 純銀、ピュアシルバー、ファインシルバー、サラ


SV999 : 純度 99.9%
別名 : コマーシャルシルバー、トリプルナイン


SV950 : 純度 95%
別名 : メキシカンシルバー、五分落ち


SV925 : 純度 92.5%
別名 : スターリングシルバー、ソリッドシルバー


SV900 : 純度 90%
別名 : コインシルバー

—–

などなど。

つまり数字の表記は混ぜ物の比率だった模様。

残りの成分は銅・ニッケル・コバルト・亜鉛等が配合され、強度を出したり、色を付けたり、変色しないようにしているとの事。

地金の自体の金額から言うと、純度が高い方がより高い。そりゃそうだよね。

SV1000 は金属アレルギーに対しては良いものの、強度が弱く変色しやすい為、アクセサリー製品ではメジャーではないものの、銀食器ではよく使われる素材なのだとか。

メンズ用のごっついやつの定番は「925」らしい。
あのクロムハーツも「925」を使用しているものが多い模様。

なるほどねー、そう言う事だったのか。

メモメモ。