楽器用語 : スルーネックとは?たいしてボルトオンとは?

「スルーネック」とは、楽器のボディとネックが一体になっている物の事を指していて、一般的にボディとネックがボルトで接合されているタイプのものは「ボルトオン」と言う。

それぞれの特徴としては、
スルーネックは高価、ハイポジションの演奏がしやすい、サスティンの伸びが良い。
ボルトオンは比較的リーズナブルなものが多く、音の抜けが良い。
などと一般的には言われている。

以前にも書いたが、ギブソンなどのギターで見られる接合部を接着している方法の「セットネック」は、その中間的な音色と言われている。

個体差があるので何ともハッキリとは断言できないと思うけど、大まかに言うとそんな感じなのだそうです。