一蓮托生(いちれんたくしょう) – 気になる四字熟語 その意味とは

一蓮托生

読書をしているとまたひとつ読みの不明な四字熟語を発見。

「一蓮托生」

まったくわかりません。早速調査開始。

「一蓮托生」とは「いちれんたくしょう」と読んで、そもそも仏教用語で、良い行いを行ったものは死後に極楽で同じ蓮の上に生まれる、といった謂れとの事。そのほかに、善悪にかかわらず行動を共にする、といった意味でも使われるとの事。

使い方によって意味が違ってくるですね。耳にするイメージだと後者の、行動を共にする、といった意味で使われる事が多いかと。