孟母三遷(もうぼさんせん) – 気になる四字熟語 その意味とは

孟母三遷

ネットをうろついていると気になる四字熟語を発見。

「孟母三遷」

まったく意味が分からない。早速調査開始。

「孟母三遷」とは「もうぼさんせん」と読んで、意味としては、子供の教育には環境がとても大切、といった意味との事。「孟母(もうぼ)」とは、孟子(もうし)の母との意味。孟子(もうし)とは古い時代の儒教の学者との事。幼少時、父を早くに亡くした孟子は母に育てられたとの事。墓場の近くで暮らしていると墓場で遊ぶようになり、市場の近くで暮らしていると商人の真似をするようになった。そこで学校のそばで暮らすと勉強するようになった、との逸話から由来しているとの事。
また「孟母三遷の教え(もうぼさんせんのおしえ)」と言われることも多いとの事。

なるほど。確かに子供にとって環境は大事ですよね。納得納得。

孟母三遷