焼酎の種類。甲類(こうるい)乙類(おつるい)その違いとは?蒸留方法が違うとの事。

私も好きでほぼ毎晩やりますよ。晩酌。身体の事も考えて、蒸留酒、ウィスキーが焼酎が多いですけど。
芋焼酎を飲む事が多いんだけど、吉田類の酒場放浪記 の影響で、ホッピーや焼酎ハイボールも試してみたいかな、と。
その場合は芋焼酎じゃないよね。やっぱ癖の少ない麦なのかね?それとも普段では手を出さない「大五郎」や「ビッグマン」みたいな安いヤツ??アレって化学合成して安く作ったよ!って感じで信用ならないんですけど。大丈夫なのかね。。

諸々調べてみるとひとくちに焼酎と言っても、甲類(こうるい)、乙類(おつるい)と、種類があるようで、違いは蒸留方法にあるのだとか。

甲類は「連続式醸造方法」 と言い、連続して蒸留を行う方法との事。大量に生産する事ができるが連続して蒸留する為、原料の風味などは残らず、純度の高いアルコールを精製するとの事。原材料は様々で糖蜜や米、麦、等々。新式焼酎、ホワイトリカーとも呼ばれるとの事。

乙類は「単式蒸留方法」 と言い、古くから行われている手法で、一回のみ蒸留するとの事。原料の香りが残る為、芋や麦、米、蕎麦、黒糖などを使用し、手間と時間をかけて製造されるとの事。旧式焼酎、本格焼酎とも言われるとの事。

成る程、成る程。私の場合、普段飲んでるのは「乙類」なんだね。これまで不信に思ってた安い焼酎は「甲類」で、香りが無くなるから原材料が糖分になればなんでもいい訳だ。なるほどますます得体が知れない甲類焼酎。。

更に調べてみると甲類焼酎でも安いのからそこそこの金額のまでいろいろある模様。

4リッターのペットボトルで 1,000円台、または1,000円以下 のもの。

かたや一升瓶で 2,000円 ほどするもの。

日頃愛飲している「黒霧島 25°」はたしか 1.8パックで1,700円位だったから、甲類でもそこそこ金額する焼酎もあるですね。キチンとした原料でキチンと作ればそれなりに原価もかかる訳なので、最終的には金額で判断する、ですかね。
古くからホッピーやサワーの焼酎として親しまれている銘柄に、「宝焼酎ゴールデン」や「キンミヤ焼酎」といった銘柄を目にしたので、まずはこの辺りから入門してみましょうかね。

Link : 宝焼酎「ゴールデン」|焼酎|商品紹介|宝酒造株式会社
Link : 宮崎本店-宮の雪・キンミヤ焼酎-