カテゴリー
文字・文言の意味 気になる慣用句

眼光紙背に徹す(がんこうしはいにてっす) – 気になる慣用句 その意味とは

読書をしているとまたひとつ意味不明な慣用句を発見。

「眼光紙背に徹す」

まったく意味が分かりません。早速調査開始。

「眼光紙背に徹す」とは「がんこうしはいにてっす」と読んで、紙の裏まで見通せる程の読解力がある、との意味になるとの事。「眼光(がんこう)」とは、目の光、目の力。「徹する」とは、貫き通す、といった意味になるとの事。

なんでもお見通し、みたいな意味みたい。
なるほどメモメモ。

[画像拝借] : 会津八一の眼光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です