カテゴリー
文字・文言の意味 気になることわざ

禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし) – 気になることわざ その意味とは

読書をしているとまたひとつ意味不明なことわざを発見。

「禍福は糾える縄の如し」

なんと読むのか。。早速調査開始。

「禍福は糾える縄の如し」とは「かふくはあざなえるなわのごとし」と読んで、幸せと不幸せは表裏一体、いずれもかわるがわるやってくる、との意味になるとの事。中盤の「糾える縄(あざなえるなわ)」とは、よった縄、との意味で、左右によった縄を幸と不幸に例え、プラスもマイナスも順次訪れるもの、とした、古い中国の教えなのだそうです。

なるほど!これイイですね。気に入りました。覚えます。
メモメモ。

総長への道 ~禍福はあざなえる縄の如し~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です