視野狭窄(しやきょうさく) – 気になる四字熟語 その意味とは

視野狭窄

読書をしていると、またひとつ気になる四字熟語を発見。

「視野狭窄」

早速調査開始。

「視野狭窄」とは「しやきょうさく」と読んで、徐々に視野が狭くなること。そこから転じて、周囲の意見を聞けなくなる事に対しても使われる模様。

そもそも目の病気で視野が狭くなく症状から言われているとの事。なるほど。そうだったのか。
メモメモ。