金環日食(きんかんにっしょく)って真っ暗になる訳じゃないのね。日食メガネ買お。

きたる2012年5月21日、いよいよ来週月曜の朝は日食ですな。なんでも173年ぶりの大変レアな天体イベントなのだそうな。こりゃあ見なくちゃね。

で、ここで勘違いしていた事イロイロ。

いわゆる「金環日食(きんかんにっしょく)」とは、太陽の中心に月がかかり、周りに太陽がわずかに見えている現象なのだそうで、イメージしていた「日中なのに真っ暗になる」のは、太陽すべてが月にかかって遮光される「皆既日食(かいきにっしょく)」。フムフム。

そして見られる地域が限定されている事について補足。
ニュースなどで言われている見える地域については、「金環日食」が見られないのであって、「日食」が見られない訳じゃないのだそうな。つまり月に隠れた太陽が三日月状に見えるのは、日本全国どこでも観測可能との事。日本海側の地方の方でもOK。

また観測時間について。
はじめニュースを聞いたときには、7:30前後の10~20分程度かと思っていたのだが、なにやら6:30位から始まり9:00位まで続くのだそうな。結構ゆっくりなんだね。

さあさあ日食メガネを用意しよ。