[1-2] プロトコル

プロトコルとは、パソコン同士がネットワーク上でデータを送受するために決められた通信規準の事。最も代表的なものは以下の通り。

■ IP (Internet Protocol)
もっとも基本的なプロトコル。個々のパソコンに割り振られているIPアドレス間の通信を行う。「パケット」といわれる情報の断片のやり取りをパソコン間で行う。

■ TCP (Transmission Control Protocol)
上記のIPの上位に分類されており、IPと共に機能している。IPで分割されたデータの断片を生成し、パケットが損失した場合のデータの再要求をし、データ損失の無いよう、通信の保障をする。
IPとTCPは独立して使われているのではなく連携してインターネット通信を行っている。よってルーターなどの設定項目に「TCP/IP」などと表記されている。これを基礎として、「HTTP」や「FTP」の通信が行われる。

■ UDP (User Datagram Protocol)
上記のTCPの逆で、通信の保障はせず再要求もしない通信方式。主にストリーミング通信やDNSなどで利用される。

● OSI参照モデル(Open Systems Interconnection)
国際標準化機構(ISO)により制定された、ネットワークを7つの階層に分類したモデル。

  • アプリケーション層
  • プレゼンテーション層
  • セッション層
  • トランスポート層
  • ネットワーク層
  • データリンク層
  • 物理層

● TCP/IPモデル
米国防総省(DoD)が制定した4つに分類したモデル。実際に多く普及しているのはこちらのモデル。

  • アプリケーション層(HTTP/FTPなど)[OSI参照モデルのアプリケーション層、プレゼンテーション層、セッション層にあたる。]
  • トランスポート層(TCP/UDPなど)[OSI参照モデルのトランスポート層にあたる。]
  • インターフェイス層(IPなど)[OSI参照モデルのネットワーク層にあたる。]
  • ネットワークインターフェイス層(イーサネットなど)[OSI参照モデルのデータリンク層、物理層にあたる。]