iPhone 4 ホームボタンの反応が悪い時の解決法。デコピンでゴミを出すより確実に効果的

もうずいぶん前から悩まされていた、iPhone ホームボタンの反応が悪くなる件。一日のうち、4~5回はイライラしてた記憶が。その度にホームボタンをデコピンの要領でペチペチペチっと。隙間から出てくる一部では「手垢」と言われている白い粉。そのまた別の一部では iPhone内部から出てくるのではなくてデコピン時に爪から出てきているカスとも言われているのだとか。
私の自論では、ホームボタン裏面が削れて、その粉が各部に詰まって動きが鈍くなっているんだと、勝手に解釈していたのだが。

今回も若干動きが鈍くなったので、恒例のデコピンで乗り切るかと思うも、久々に情報を調べてみる事に。

するとこれまで見たことのない情報を発見。何でもスリープボタンの長押しで改善するのだとか。
ほんとかよ!と若干突っ込み気味に、あきらめムードで試してみる事に。

手順を説明すると、まずは何でもいいのでアプリを起動。
スリープボタンを長押しで、「電源オフ」を表示。
その状態で表示が消えるまでホームボタンを長押し。

これで改善するとの事。

半信半疑でやってみたら、下がったハードルって事もあり、結構いい感じ。
新品の時のようにレスポンス良く反応するとまでは行かないものの、デコピンよりも効果あり。
となると、ハード面でなくて、ソフト面の問題?
iPhone4自体、年数劣化でヘタって来てるので、単純に反応が鈍いというのもあるのかと。

まぁとにかく、効果はありますので是非お試しあれ。