MACが重い件解決。ドロップボックスの共有中は極端に重くなることが判明。無駄な共有設定の見直しで劇的に快適になった。

以前からMACが重たくて悩んでましたが、基本的な、根本的なところをチェックしてたら難なく解決しました。

仕事に絡んだ事もあり、DROPBOX(ドロップボックス)でデータを共有しておりますが、基本的な原因はコレだった模様です。

日々のルーチンとして、会社PC(windows)で作業したデータがオンラインのドロップボックスと自動で同期する。帰宅後自宅のMACを立ち上げる、と同時に同期が始まる訳ですが、どうやらこの同期でかなり負担がかかっていた模様です。

なので、必要最低限の同期設定にして、更にたまっていた動画関連のデータ等を外部ストレージに移設したところ、今までの重さは何だったんだ!というほどの快適動作に。本当にビックリです。。

やれセーフモードで再起動だ、とか、隠しファイルの設定だ、などとのたわっておりましたが基本を見ろ、と。。グルグル動いてるアイコンのヤツだぞ、と。

今度こそ、一件落着です。お騒がせしました。