カテゴリー
Apple IT・PC関連 MacBook

Mac の動きが重く感じた時の対処法。セーフモード(セーフブート)で起動。

ウィンドウズからマックに乗り換えると、基本的なところで迷うところが多々ある。
マックを使ってみてまず初めに思ったのは、

動きが劇的に鈍くなる

です。

情報をいろいろ見てみると、不要なファイルを消す、とか、メモリを開放する、とかあるようですが、とりあえずはコレ。

セーフモードで起動

です。

以下方法。

  1. 電源を入れる。
  2. 起動音が聞こえたら「shift」を押しっぱなしに。
  3. リンゴマークが表示されたら放す。
  4. ログインする。

以上の動作を行うと、通常の起動よりもかなり時間がかかって起動するです。この間に諸々チェックしているのだそうです。ちょっと前までは、「ユーティリティ」から「ディスクのアクセス権を修復」で諸々チェック・修正してたらしいのだけれども、「OSX El Capitan」からこの項目は無くなっている模様。いつやっているのか知らんが自動でやってくれてるらしい。

セーフモードで起動すると、これまでの経験上ログインの砂時計画面で10~20分かかるかな。なので時間があるときに。
しばらくすると、右上に赤字で「セーフブート」との表示が出ているログイン画面が表示される。ので、そのまま一旦システム終了。で、いつも通りに起動して手順終了。

これで多少は変わるかな。私自身は月に一度は実行するようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です