Photoshop(フォトショップ)で書き出した画像が作業中のモニターの色は全然違う色に。どこで設定する?「ビュー」=「表示」でした。

これまで基本デザインはほぼFireWorks(ファイヤー・ワークス)を使用していたのだが、最近ではPhotoshop(フォトショップ)を使うように心がけております。マクロメディア系からウェブに入ったので、フォトショは敷居が高く、難関で、扱いにくい苦手イメージが固着している次第。
なぜフォトショかと言うと、「FireWorks(ファイヤー・ワークス)」はもうアップデートしないのだとか。またそもそも「Flash」で有名なマクロメディア系のソフトであるところからAdobe(アドビ)に統合以降、動作も不安定になり、いずれはこうなるのであろうと予想していたことなので、やっと重たい腰を上げつつある、といった感じなのである。

四苦八苦、右往左往、従来の手法との差に難儀しつつ、Google先生に指南頂きつつひとつひとつ理解を深めております。
そんな最中、はまった事例が一件。

なんとかウェブイメージのサンプルを作成し、ウェブ用に保存してみると色が全然違う。。
実はうすうす感じていて、「#FF0000」のいわゆる真っ赤な赤を指定しているのにも関わらず、モニターに描画されるは若干くすんだ赤。16進数で言えば「#CC1100」ほどであろうか。と、感じつつ作業を進め、いざ書き出したら目にも眩しい真っ赤ッかが書き出されたのである!!

これはね、すべての色を修正しないとですよ。
と言うか、まずはモニターの色を合わせないとお話になりません。

早速Google先生に聞いてみると、「編集」→「カラー設定」で「Web用」にするんですよ、と。
やってみたけど変わらず。

さらに諸々チェックすると、「ビュー」→「校正設定」で「モニター」にするんだよ、と。
たぶんこれだと確信するも、肝心の「ビュー」がない。
「ファイル」の中か「編集」内かと右往左往。若干ハマってイライラしつつ冷静に見てみると「表示」の項目あり。

Photoshop

これかと思いのぞいてみるとあるじゃないですか「校正設定」!「ビュー」は「表示」になったですね。
で、「表示」→「校正設定」→「モニターRGB」選択で無事解決。
モニターも眩しいほどの鮮やかな色になりました。チャンチャン。

さて、修正作業に突入、と。