カテゴリー
添加物関連

添加物 : 甘味料とは

商品に甘味をつける為の調味料を含んで、甘味料として食品添加物としているとの事。

代表的なものに、食品である

  • 砂糖
  • 蜂蜜
  • メープルシロップ
  • 水飴
  • 果糖
  • 麦芽糖
  • ブドウ糖
  • ブドウ糖果糖液糖
  • オリゴ糖

などがある。
砂糖や蜂蜜も添加物?と思うのだが、大きな分類としては、「添加物」の枠の中に入るようです。

清涼飲料水などに多く含まれる「ブドウ糖果糖液糖」は、体への吸収が早く糖分も高い為、一部では健康への影響が懸念させているようです。
また基本的に自然由来ではありますが、一部人工的に合成される「既存添加物」として、

  • エリスリトール
  • トレハロース
  • マルチトール
  • パラチノース
  • キシリトール
  • ソルビトール
  • 甘草抽出物
  • ステビア加工の甘味料
  • 羅漢果抽出物
  • ソーマチン
  • グリセリン

があり、さらに人工的に生成された、

  • サッカリン(サッカリンナトリウム)
  • チクロ(サイクラミン酸)
  • ズルチン
  • アスパルテーム
  • アセスルファムカリウム
  • スクラロース
  • ネオテーム

などがあります。

上記の「チクロ」「ズルチン」など、毒性が問題になり使用が禁止されたものもあります。
また一部の清涼飲料水やガムなどに含まれる、「アスパルテーム l-フェニルアラニン化合物(= パルスイート)」という人口甘味料がありますが、ごく稀にその成分によって健康リスクが損なわれる可能性がある病気があるそうです。

しかしいずれの危険性も、喫煙のリスクから考えたら微々たるものかと思いますので、なんでも適量で、過剰に摂取することがなければ、健康への影響もないのではないかと思います。

なるべく摂取するのは控えたい「添加物」ですが、過剰に反応しすぎるのも問題かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です