カテゴリー
自動車・バイク関連

トヨタのハイブリッド車「プリウス」が非常電源になるオプションを提供開始。プラグインハイブリッド車(PHV)にも追加可能。

トヨタは22日、ハイブリッド車のプリウスが、非常時に電源になるオプションを提供開始したらしいです。プラグインハイブリッド車(PHV)にもオプション可能出そうです。

以下転記
 トヨタ自動車は22日、ハイブリッド車(HV)「プリウス」を一部改良し、災害時に非常用電源として利用できるモデルの販売を開始したと発表した。オプション価格6万3000円で本体(価格232万?334万円)に機能を設定できる。プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」にも11月1日からオプション価格9万4500円で対応車種を投入する。
 最大電流は15アンペアで、付属の100ボルトコンセントにつないで炊飯器を使ったりスマートフォン(多機能携帯電話)に充電したりできる。この機能は、ミニバン「エスティマHV」に標準搭載。東日本大震災直後の停電時に湯沸かしなどに活用できると好評だったため、搭載車種を拡充している。(2012/10/22-16:39)

時事ドットコム:「プリウス」非常用電源に=対応車種を販売?トヨタ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です