カテゴリー
科学・サイエンス関連

月のウサギ 巨大隕石の衝突跡なのだそうです。

古くから月でお餅をついているウサギさん。
あれって実際にうさぎがいるんじゃなくて、巨大隕石がぶつかった痕なんですってよ、奥さん。

以下転記。
—–
月の表面のうさぎ形の模様ができたきっかけは、39億年以上前に巨大な隕石(いんせき)が衝突して盆地ができたためであることを、産業技術総合研究所の中村良介研究グループ長らが確認した。月探査機「かぐや」のデータの分析で、隕石の衝突で生じる特殊な鉱物を検出した。これまで仮説が提唱されていたが、実測データでの裏付けは初めてという。ネイチャー・ジオサイエンス電子版に29日、論文が掲載される。
[via] : 月のうさぎ形模様:巨大隕石の衝突跡 データで確認? 毎日jp(毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です