Windows8から8.1へ更新しようとするも、管理者権限を持つユーザーじゃないとダメ。って管理者なんですけど。結局レジストキーいじってインストール。

以前から毎度ではないけども、起動するタイミングで「8.1へアップデート」のアナウンスが。

初めて更新しようとした時に、管理者なのにも関わらず、「管理者権限でアクセスしてくれ」といったメッセージが表示されアップデートできず。時間もなかったのでそのまま放置していたのだが、セキュリティの事もあるのでちょっと調べてみようかと。

Google先生に聞いてみると、windows updateの「KB2871389」をいったん削除、手動で再インストールすると問題解決とのご教授頂き早速試してみるもダメ。
更に調べてみるとレジストリーキーに手を入れる記事を発見早速以下手順で試してみる。
—–
1、コマンドプロンプトを開いて「regedit.exe」を実行。
2、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System\FilterAdministratorToken 」を表示。
3、値を「0」から「1」に変更。
4、再起動してアップデート実行。

regedit.exe

以上で無事アップデート完了。
用が済んだらレジストリーキーは「0」に戻しておいた方が良いとの事。

一件落着。
同じ状態でお悩みの方は是非お試しを。

[参考] : windows8から8.1へUPLOADすると管理者特権がありませんと表示されてできません – マイクロソフト コミュニティ
[参考] : windows8.1 更新 ストア update