WordPress プラグイン XML Sitemap Generator for WordPress 3.2.6 を導入するも動かず。ディレクトリ指定、sitemap.xml 設置で解決。+ 完全日本語化

WordPress でもサイトマップが無いよりはあった方が良いだろうと思い諸々捜索。
グーグル先生に聞いてみると、自動で構築できるプラグインが数点ある模様。
情報精査して以下を試すことに。

LINK : XML Sitemap Generator for WordPress

安定しているであろう「XML Sitemap Generator for WordPress 3.2.6」を以下のディレクトリにインストール。
(wordpress\wp-content\plugins\google-sitemap-generator)

アップロードすると「プラグイン」に「Google XML Sitemaps」または、「設定」に「XML-Sitemaps」追加される。
あまり内容確認せずとりあえず「設定を更新」「サイトマップを再構築」するも、何やらエラーが表示されてうまくいかず。
「There was a problem writing your sitemap file. Make sure the file exists and is writable.
There was a problem writing your zipped sitemap file. Make sure the file exists and is writable.」と。
要は、書き込み権限がないよ、データがないよ、と言う意味らしく、よくよく調べると、「sitemap.xml」及び「sitemap.xml.gz」は、空のモノを自分でUPするのだそうな。あー、そうでしたか。
私の場合、XREAでサブドメインで動かしているので、どこに置くものかとイロイロ試してちょっと悩み、手間取りましたが、基本的には「wordpress」ディレクトリ直下の様子。「606」とか「666」などの書き込み権限の設定ももちろん必要。
私の場合はサブドメインフォルダに設置で、「サイトマップファイルの設置場所の設定」で、絶対パスの指定、URLの指定、で無事作成完了。

サブフォルダで運用の場合、一部ブラウザでは閲覧できない模様。
「wordpress/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap.xsl」で読むコードが記述されるので、他のディレクトリに書き出す場合はエラーを吐いて閲覧できず。でもGoogleにはサイトマップ送信出来たので何ら問題ナシ。ブラウザでは見れない、ってだけ。

ついでに日本語化ファイルもあったので設置。

LINK : Google XML Sitemaps 日本語ファイル

おおよそ日本語化されているのですが、これで完全に日本語化OK。
一時あきらめそうになったけど、無事にできて良かったよかった。